読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒキこもごも

分類:何でも蟻

【ソニックアドベンチャー HD】レビュー 色褪せない名作

ソニックアドベンチャー HD 感想

ドリームキャスト復刻プロジェクトのうちの1本がこの"ソニックアドベンチャー"というゲーム。子供の頃にプレイしたとても思い出深いゲームだったので、せっかくだしHD移植版をプレイしてみました。というわけで簡単に感想をば。

まずはゲームの内容について。本作はソニックシリーズ初の3D作品となる。ハイスピードで縦横無尽に駆け回るソニックはここから生まれるわけですね。ただ、このゲームは1作目ということもあってあまり爽快感はありません。その代わり、色々なジャンルのシステムが味わえる仕様となっています。ナックルズのエメラルド探し、ビッグの釣り…システムこそ洗練されていませんが、開発者の意欲が体験出来ます。

また、このゲームを語るうえで欠かせないのがストーリー。1本のストーリーを6人のキャラクターの目線から多角的に楽しめます。ソニックから始まり、テイルス、ナックルズ、エミー、ビッグ、ガンマと様々なキャラクターをプレイすることによって、「あの場面の出来事は実はこういうことだったのか」と色々理解出来る仕様となっています。更に、キャラクターごとにストーリーのテーマが異なるのも個人的には◯。ソニックは勧善懲悪、テイルスは少年の成長、ナックルズは世界観の掘り下げ、エミー、ビッグは友情、そしてガンマはアンドロイドの生と死について。特にガンマ編は秀逸な出来で、ロボットであるガンマの自我の芽生えと死についての話を短いストーリーの中で描ききっています。

次にHD版についてのお話。このゲームはあくまでもHD移植だけなので、バグやら劣悪なカメラワークやらはそのままとなっています。チャオの無限抱っこについてはかなり有り難いのですが、すり抜けバグは発生する頻度も高いのでイライラする要素の1つでした。また、カメラワークについてですが、その劣悪さはよりによってあまり面白くない釣りの時に発揮されます。

…とまあ、こんな感じです。最後は少し辛辣なことも言いましたが、復刻プロジェクトということで本当にそのまま復刻したんでしょう。あまり良くないことですが、その劣悪なところも含めて楽しめました。少しは思い出補正もあるだろうけど。ソニックアドベンチャー2も久しぶりにプレイしてみようかな…。